春節としても知られる中国正月は、中国暦で最も重要なイベントです。

旧正月または春節としても知られる中国正月は、間違いなく中国暦で最も重要なイベントです。

中国正月が始まる3週間前からカラフルな祝いの行列、季節の市場、騒々しい獅子舞などの様々な祝賀行事が行われ、シンガポール中でお祭り気分に浸ることができます。さらに再会を喜ぶ人々の話し声や笑い声、幸運を祈願して行われるマンダリン・オレンジの交換、特別料理を囲む食卓なども、お祭り気分を盛り上げます。

幸運をつかもう

このシーズンの色と言えば、間違いなく赤でしょう。赤は、子どもや若い親戚に配られるお金の入った赤い封筒(いわゆるお年玉)、「紅包(ホンバオ)」の色です。人々が着ている新調したての服にも明るい色合いの赤が使われています。

また、特に目に付くのは、大掃除を終えたシンガポール中の家に飾られる深紅色の装飾です。例えば、門に吊るしたランタン、出入り口に飾る春の二行連句、黄色い果実が「金」や繁栄を象徴するキンカンの木に飾る明るい色のリボンなどにも赤が使われます。

家族で楽しむ祝宴

中国正月の中心となるのは、家族とのひとときです。家族や親戚が集い食卓を囲むのが定番の風景となっています。

その典型が、昔からニューイヤー前夜に行われている親族同士の夕食会です。1年で最も重要な食事を愛する家族と楽しむために、人々は急いで家に帰ります(かなりの遠隔地から帰る人々もいます)。

そして、親戚や友達を訪問し、新年の幸運を祈る言葉を伝えて大切な人々とのひとときを楽しみます。

見どころ

逆らえない誘惑

この時期になると様々なお祭りフードが目に付きますが、その誘惑に逆らって我慢をしても意味がありません。バターたっぷりのパイナップルタルト、リッチなプルーン入りの「ラピス」(層になったケーキ)、サクサクしたラブレター(ロール状の卵クッキー)、口の中で溶ける「クエ・バンキット」(ココナッツクッキー)、スパイシーなシュリンプロール、「バクア」(甘いポークジャーキー)などは、素晴らしい味覚の数々のごく一部です。せっかくですから、すべて試してみましょう。このチャンスを逃したら、もう味わえないかもしれませんよ。

#cnysg インスタグラム