国立競技場でサッカー強豪クラブが対決

インテル・ミラノのトンマーゾ・ベルニ、フェデリコ・ヴァリエッティ両選手がアモイ・ストリート・フード・センターのカフェ「コーヒー・ブレイク」に来店。シンガポールスタイルのコーヒー「コピ」淹れに挑戦しました。

サッカーファン全員集合――シンガポールで行われるインターナショナルチャンピオンカップの豪華な試合を祝おうではありませんか。

東南アジア初のインターナショナルチャンピオンカップ(ICC)の開催地となったシンガポール。その初開催の大会は、欧州の3大強豪チームが104,000人の観衆の前で白熱戦を繰り広げる、期待を裏切らないものとなりました。ブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘン、英国プレミアリーグチャンピオンのチェルシーFC、セリエAの伝説的チームであるF. C.インテルナツィオナーレ・ミラノが、シンガポール国立競技場で総当たりリーグ戦、3試合トーナメントを戦いました。

最終試合では、イタリアの伝説的チーム、インテルナツィオナーレ・ミラノがチェルシーと対戦し、激戦の末に勝利。インテルナツィオナーレ・ミラノが2勝1敗でチャンピオンとなりました。

競技場外では、選手たちは開催地シンガポールのカルチャーを満喫。インテル・ミラノのフェデリコ・ヴァリエッティとトンマーゾ・ベルニ両選手は、アモイ・ストリート・フード・センターのカフェ「コーヒー・ブレイク」で、シンガポールのコーヒー「コピ」淹れに挑戦しました。

バイエルン・ミュンヘンのスポーツディレクター、ハサン・サリハミジッチは、イースト・コースト・ロードの「キム・チュー」でプラナカン(中国系、マレー系、インドネシア系の海峡植民地生まれの人々)の名物料理を堪能。俊足の彼が伝統的なちまき包みで手先の器用さも披露し、彼の料理の腕前に誰もが感心しました。