ショッピングモール、リサイクルショップ、独立系ブティックが無数にあるシンガポールは、観光客が天下一品、とびきり上等のショッピングを楽しめる街です。ラグジュアリーブランド、お買い得品、その他諸々あらゆるものが揃う、ぜひ訪れたいシンガポール市内・郊外ショッピングスポットをご紹介します。


オーチャード・ロード

世界に名だたるオーチャード・ロードは、驚くほどの数の店が軒を連ねる、ショッピングには外せないエリアです。ショッピングモールや小売店が混在しているため、旅行者に大人気。しかも、地元の人々にとっても頼りになるショッピングエリアなのです。ショッピング天国といえば、「IONオーチャード」や「パラゴン」といったショッピングモール―どちらも、バレンシアガやヴァレンティノなどの海外ラグジュアリーブランドで知られる複合施設です。

ローカルなデザインやファッションシーンについて知りたいなら、「タングス」や「オーチャードゲートウェイ」へ。この2つのショッピングモールには、フェミニンでタイムレスなアイテムを扱う洗練されたレディースウェアショップ「コレイト・ザ・ラベル」、繊細なシルエットと大胆なディテールを組み合わせているシンガポール生まれのレディースファッションブランド「デヴィッドズ・ドーター」、モダンな紳士のための服に現代風アレンジを凝らす「イーブンオッド」といったブランドやショップが揃っています。風変わりなシンガポールのお土産が手に入るデザイン関連のメガストア「ナイス」もあります。ショッピングの後は、ディオールインスティテュート、SK-II、雪花秀(ソルファス)フェイシャル・スタジオなどのビューティ&ウェルネスサービスを提供している都会のオアシス「セヴィーン」で、至福の時間を過ごしましょう。


マリーナ・ベイ

高級ブランドがずらりと揃っているのが、「ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ」です。

市内屈指の規模を誇る高級ショッピングモール、「ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ」には、トム・フォード、ミュウミュウ、ディオール、MCMなどの人気ブランドが軒を連ねています。夢中で過ごしているうちに何時間も過ぎることでしょう。ファッションショップのほかに、美容・健康関連の店やジュエリーショップもたくさんあるので、目移りすること間違いなし。


ブラス・バサー 、 ブギス&ハジ・レーン

ブラス・バサー と ブギス地区の色鮮やかな通りや、隣接する賑やかなハジ・レーン、文化豊かなアラブ・ストリートは、毎日、ショッピングに訪れる人々を魅了しています。この3つの地区はお互いに隣接していますが、軒を連ねている店の種類はまったく異なります。

ブギス・ストリートが深く愛されているのは、おしゃれさんが喜ぶ流行アイテムが手頃な値段で揃っているからです。ここでアドバイス。いろいろな場所で似たようなスタイルをしょっちゅう見かけるはずなので、買い物をする前に、一番お買い得な店を徹底的に探しましょう。

ビンテージファッション、ローカルブランド、個性的な掘り出し物が混在する通りとして知られているハジ・レーンには、絵になるショップハウスに店を構える洒落たブティックがいくつもあります。「マンデイズ・オフ」、「スーン・リー」、「モッドパレード」などの店では、小物や大胆なファッションが見つかるかもしれません。

もう少し文化的なものがほしいときは、アラブ・ストリートに行ってみましょう。「ロイヤル・ファブリックス」は、マレーやインドネシアのバティック(繊細な図柄を染めた生地)などの美しい品物でいっぱいです。「ジャマル・カズラ・アロマティクス」では、華やかに香るアタール(アラブの香油)を扱っています。


リトル・インディア

ショッピングを楽しみながら、シンガポールえり抜きの伝統や文化も堪能したいですって? それなら、リトル・インディアに行きましょう。賑やかな通りを歩くと、サリー(体に巻き付ける長い布でできた、インド人女性の伝統衣装)や、派手な色のバングルといった、伝統的な衣類やアクセサリーが見つかります。

もちろん、「ムスタファ・センター」に立ち寄らずして、リトル・インディアに行ったことにはなりません。この365日24時間営業の巨大デパートでは、電子機器から子供のおもちゃ、スポーツ用品まで、思いつく物はなんでも見つかります。


ティオン・バル

シンガポール屈指の歴史ある地区で、流行最先端を行くエリアの1つでもある街。それが、古きと新しきが麗しく溶け合うティオン・バルです。このエリアには、「ナナ・アンド・バード」などのインディーズショップやトレンディなブティック、クールな書店「ブックスアクチュアリー」やビンテージレコード店「キュレーテッド・レコーズ」などのショップが集まっています。

また、「ティオン・バル・ベーカリー」や「オープン・ドア・ポリシー」など、Instagramに投稿する価値のあるカフェやブランチスポットがあることでも知られています。ティオン・バルの街めぐりの合間には、こんな一服スポットにぜひ立ち寄ってみましょう。


ハートランド(郊外)

都心を通り過ぎて地元の人々が暮らす場所を散策すれば、チェックする価値のある店が驚くほどたくさんあるのが分かります。タンピニスやクイーンズタウンなどの地区にも、有名店が並ぶ「タンピニス 1」や「クイーンズウェイ・ショッピング・センター」などのショッピングランドマークがあります。スポーツブランドを見たいなら、「クイーンズウェイ・ショッピング・センター」をじっくり見て歩くのがおすすめです。スポーツ用品のメッカなので、最新コレクションは扱っていないものの、お気に入りブランドのシーズン落ちや古いコレクションのトレーナーや衣料を安く売る店が軒を連ねています。


ハーバーフロント

絶対に立ち寄りたいところといえば、シンガポール屈指の規模を誇るショッピングモール「ビボシティ」。フォーエバー21、GAP、ファクトリー、H&Mなどが揃う「ビボシティ」は、手頃な値段の新作カジュアルウェアを手に入れたいときにぴったりのスポットです。ショッピング好きな方なら、ほとんどなんでも$ 2で売っている日本の100円ショップ「ダイソー」にも寄りましょう。

子連れの方に嬉しいことに、ビボシティはすこぶる子供向けの施設になっています。2階にあるオープンエアの遊び場や3階の水遊びエリア「スカイパーク」で、楽しく遊ばせましょう。


チャンギ空港
撮影者 Darren Soh

受賞歴を誇るチャンギ空港で、自分のための免税ショッピングを思う存分楽しみましょう。離陸直前に友達や家族へのお土産を買うことだってできます。チャンギ空港も、巨大ショッピングモール並みのショッピングエリアです。アディダスで新しいトレーニンググッズを手に入れるもよし、バーバリーやコーチなどの高級ブランドで自分へのごほうびを選んで旅の予算を使い切るのもいいでしょう。

シンガポールにはショッピングエリアがよりどりみどりですから、きっと満喫できることでしょう。ショッピングセラピーをもっと楽しめるスポットを知りたい方は、「シンガポールショッピングビギナーズガイド」をお読みください。