19世紀から世界的に重要な貿易港としての地位を確立してきたシンガポールは、様々な異文化が出会い、ひとつに融合する場所として知られています。世界各国の料理から影響を受けてきたシンガポール料理は、美食好きの人々を引き寄せ続けています。

伝統料理

代表的なシンガポール料理として、まず外せないのがフィッシュヘッド・カレーです。これは、インド由来の魚のカレーのレシピにシンガポールならではのアレンジを加えたもの。魚(通常フエダイやタラ、ハタを使用)の頭の部分だけを使います。この部分の肉はとてもジューシーなのです。

シンガポールの伝統料理としては、「ニョニャラクサ」も有名です。これは、ココナッツをベースにしたスパイシーな汁麺で、プラナカン*もしくは「ニョニャ」料理に分類されて人々の間で伝えられてきた料理です。ココナッツミルクをふんだんに使った濃厚なスープに、細切りのキュウリをたっぷり添えていただきます。

*「プラナカン」はインドネシア/マレー語で「地元生まれ」を意味する言葉で、一般的には中国系およびマレー/インドネシア系の人々のことを指します。

フィッシュヘッド・カレー
ラクサ

もうひとつ、シンガポールを代表する料理を挙げるとすれば、それはミーシァムになるでしょう。シャム(タイ)を由来とする、ピリッと辛味の利いたスパイシーな細麺の料理で、マレー系の人々がシンガポールに伝え広めたものです。ユーラシアンの人々の間では、この料理の汁なしのバージョンが食されています。

ユーラシアン料理の中で最も有名なものは、おそらくカリ・デバル(デビルズ・カレー)でしょう。「デバル」とはクリスタン語(マレー語とポルトガル語の混合言語)でカレーの中の「残りの肉」を意味します。また、「デビル=悪魔」のような辛さという意味もあります。

チリクラブは世界的に有名なシンガポールの中国系シーフード料理で、シンガポールを代表する料理のひとつとなっています。甘くてスパイシーなカニの肉はおいしさいっぱい。残った濃厚なソースにパンをひたしていただくのが通の食べ方です。


新しいアイコン
ラビリンスの入り口

数多くの食の才能が集まる場所、シンガポール。地元シンガポール出身のシェフたちも多くが活躍の場を見出し、革新的な料理を生み出してきました。

銀行員からシェフに転身したハン・リ・ガンは、チリクラブなどのシンガポールの伝統料理をベースに独自のアレンジを加えた、ユニークな創作料理の数々でその名を知られています。その料理は、ミシュランの星を獲得しているレストランラビリンスで味わうことができます。スモークした牛の骨髄を使ったビーフ・レンダン(ココナッツミルクとスパイスで蒸し煮にした牛肉料理)や、チリクラブ・アイスクリームなど、大胆な創作料理がご堪能いただけます。

マルコム・リーもミシュランの星を獲得しています。プラナカンの家系に生まれたリーが経営するレストラン、キャンドルナットでは、プラナカンの伝統料理をベースにした創作料理を楽しむことができます。このレストランの最も有名な一品は、ブアクルア・アイスクリーム。東南アジア原産の黒いナッツを使ってつくった絶品のデザートです。このナッツは伝統的に「アヤム・ブアクルア」(ブアクルアを使ったチキンの蒸し煮)などの料理に使われてきましたが、この大胆なデザートでは、チョコレートの泡と塩キャラメルと唐辛子のベッドの上に乗せられて、全く違った魅力を見せてくれます。


ア・ヌードル・ストーリーのワンタン麺

シンガポールの料理界はア・ヌードル・ストーリーの創業者たちにも刺激を与えました。彼らは会社を辞めて脱サラし、シンガポールならではのユニークなラーメンをつくりはじめました。彼らのラーメンはミシュランガイドのビブグルマンの認定を受けています。この店の人気メニューは、「ワンタン麺」(中国のワンタン入りラーメン)をアレンジしたもの。東洋風の風味に、西洋風のアクセントを加えた一品となっています。


2am:デザートバーのデザート「パープル」

美食の夜のしめくくりにぴったりなのが、2am:デザートバー(2am:dessertbar)。地元出身の人気パティシエ、ジャニス・ウォンがつくるスイーツは、アート作品やジュエリーにもたとえられるような美しさです。