古い時代の魅力、忠実に守られる伝統、心と頭脳を備える世代が、創業から数十年経っても、シンガポールの伝統的な味を楽しめるレストランの人気を守っています。 

カラフルなショップハウスが建ち並ぶジョー・チャットに佇む「キム・チュー・クエ・チャン」は、プラナカン(海峡華人および海峡マレー人/インドネシア人)の伝統的な食べ物で名物の肉入りちまき「バッツァン」が人気の老舗です。 

「私たちは、ただちまきを売っているのではなく、プラナカンの遺産を伝える文化事業をしているのです」と創業者マダム・リー・キム・チューの孫にあたる32歳のエドモンド・ウォンさんは話します。

確かに、ちまき以外にも、パイナップルタルト、9層のクエ(一口サイズのお菓子)、口の中でとろけるオタ(スパイシーな魚の練り物)など、プラナカンのスナックやデザートを求めてキム・チュー・クエ・チャンにやってくる地元の人がたくさんいます。

ショップハウスの上の階には、ケバヤ(マレーと中国の影響が融合した長袖のブラウス)やビーズの装飾が施された靴など、プラナカンのアンティークと伝統衣装が一般に公開されています。

デンプシーにある「サミーズ・カレー」では、伝統が人々の生活に自然に息づいているのが感じられます。よい香りが漂う新鮮なバナナの葉にご飯が盛られ、それとともにチキン・マサラと有名なフィッシュ・ヘッド・カレーのような特製料理が出てきます。 

「来客に食事を出すときにバナナの葉を使うのは南インドの習慣です。相手への敬意として、再利用ができないバナナの葉を使うのです」とは31歳のディレクター、ナガジョティ・マヘンドランさんの言葉です。レストランとその伝統を忠実に守ろうという精神は、1950年代の創業時からその人気を維持している理由の一つです。シンガポール屈指のインド料理レストランとして名前が挙げられることも珍しくありません。

サミーズ・カレーと同様に、「ベン・ヒャン・レストラン」も伝統的福建料理のカテゴリーにおいて、最高峰のレストランとの名声を得ています。その華々しい顧客リストには、シンガポール前大統領や有名なアクションスター、ジャッキー・チェンも名を連ねています。

ベン・ヒャンのメニューには、名物料理「牛肉のブリスケット蒸しパン添え」、「魚の浮き袋のスープ」、「オイスター・オムレツ」など、さまざまな料理が並びます。

かつてはアモイ・ストリートにあった福建料理レストランですが、今はジュロン・イーストに移転しています。74歳のマネージングディレクター、ウン・ハンキムさんによれば、この福建料理レストランでは、シェフが30年近く変わっていないおかげで、本格的な味を維持できているのだそうです。

もう一つの有名な歴史地区カンポン・グラムにある「ハジャ・マイムナー」は、シンガポールで本格的なマレー料理を楽しめるレストランです。

このレストランでは、スンダ風グリル・チキン、レマク・シプッ(タニシのココナッツクリーム煮)、ビーフ・レンダン(ココナッツミルクと香辛料で牛肉を煮込んだ料理)、魚の直火焼きなど、食欲を刺激する伝統的なマレー料理を提供しています。家族経営の気取らないこのレストランを取り仕切っているのは、30歳のゼネラル・マネージャー、マストゥーラ・ディディさんです。この店の創業者は彼女の母で、創業は1992年に遡ります。彼女の兄、31歳のイスマイルさんがマーケティングとビジネス開発を担当しています。

「私たちのようなヘリテージ・レストランには歴史的な重要性があり、人々の記憶の一部にもなっています。子供だったお客さんが親になって、自分の家族を連れて店に来てくれることもあるのですよ」とマストゥーラさんは話しています。

こちらも

チェック