新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

シンガポールは食の都。地元育ちの優れた料理人が揃っています。その一方で、シンガポールは世界一流のシェフたちを魅了する場所でもあります。ここ数年、一流シェフの何人かがこの地に店を構えました。

シンガポールは「アジアのベストレストラン50」において、たびたび大きな存在感を示しており、数多くのシンガポールのレストランが、上位にランクインしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

シンガポールの高級ダイニング

フランス料理の天才でミシュランの星を獲得したジョエル・ロブション(Joël Robuchon)は、 リゾート・ワールド・セントーサに高級レストラン Joël Robuchon Restaurant(ジョエル・ロブション・レストラン) を出店しています。赤と黒でしつらえたドラマティックな空間で、洗練された料理と、1,000を超える銘柄が揃う素晴らしいワインリストを楽しめます。 

リゾート・ワールド・セントーサでは、海の生き物たちが目の前を泳ぐというとてつもない光景を眺めながら、あっさりとしたヘルシーな料理を堪能できるオーシャン・バイ・キャット・コーラを、ぜひお忘れなく。健全なスパやごちそうを楽しみにしている方には、イアン・キッチャイが創る東洋と西洋に着想を得たヘルシーで美味しい料理が食べられるタンジェリンをおすすめします。

シンガポールの高級ダイニング

また、 マリーナ・ベイ・サンズ® には、シドニー在住の和久田哲也氏が経営する Waku Ghin(ワクギン)があります。メニューは、「おまかせ」がメイン。上等な食材を使った極上の料理と、3,000本という充実のワインコレクションをご堪能いただけます。

西欧料理をお探しの方には、伝統的フィッシュ&チップスやシェパーズパイを食べられるゴードン・ラムゼイのブレッド・ストリート・キッチン、オーストラリア、日本、米国産の最高級牛肉・ステーキを食べられるウルフギャング・パックのCUTがおすすめです。

シンガポールの高級ダイニング

シンガポール人シェフの味を体験してみたい方に、ぜひおすすめなのが Forest(フォレスト)です。屋内に森を再現した印象的な空間で、地元出身の一流シェフ、サム・レオン(Sam Leong)がコンテンポラリー中華料理を提供しています。

ミシュラン2つ星であり、2015年「アジアのベストレストラン50」でシンガポールのレストランの中で最上位にランクした ANDRE(アンドレ)は、 チャイナタウンにある3階建てショップハウスに店を構えています。受賞歴のあるシェフ兼オーナーのアンドレ・チァン(André Chiang)は、新鮮な食材を使い、極上のモダンフレンチを作り上げ、コントラストの利いた味と食感を伝えています。

バーベキューがお好きな方は、 チャイナタウンにある、ジューシーな絶品肉料理を堪能できるBurnt Ends(バーント・エンズ)  がおすすめです。重さ4,000kg、焚き口2つの薪式レンガ窯が存在感を放つ「Burnt Ends」では、箸が止まらず食欲をそそる、とっておきの多彩な小皿料理が揃っています。 

壮観な景色を楽しめるレストラン スカイ・オン57 は、シンガポール人シェフ、ジャスティン・クェックが マリーナ・ベイ・サンズ®の最上階に構える最新店です。フォアグラ小籠包 など、ジャスティンの洋の東西を融合させた創作料理をお楽しみください。