新しく生まれ変わった当サイトへ、ようこそ。 ここで、サイトを一新した理由をご紹介しています。ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。

「シンガポールはもう見尽くした」 もう一度、考えてみてください。目に映る以上の見どころがあるのがシンガポールです。

もう行ったことがあっても、まだ見ていないこと、体験していないことが、街の中にきっとたくさんあります。リピーターの方は、このリストをブックマークして、有名どころから(比較的)無名のものまで、シンガポールの魅力を体験させてくれるアクティビティを一つずつチェックしましょう。 

1. 島めぐりに挑戦

シンガポールにできたばかりのアトラクションの1つ、コニー・アイランドに行ってみましょう。シンガポール北東部沿岸の沖にあり、面積は45ヘクタール。ポンゴル・ポイント・パークから徒歩でアクセスできて、サイクリングやバードウォッチングにもってこいの島です。ほかにラザラス・アイランドとセリンガン島なども、訪れる価値のある島です。この2つの島はつながっており、シンガポール・サザン・アイランズの一部です。マリーナ・サウス・ピアでフェリーに乗り、セント・ジョンズ島で下船すると、そこには手つかずのビーチが広がっています。

2. シンガポール発ブランドやお買い得品のショッピング

撮影者 Darren Soh

IONオーチャードの「イン・グッド・カンパニー」、キャピトル・ピアッツァの「マックス・タン」、「サブリナゴー」など、地元シンガポールのブランドや海外インディーズブランドをチェックするのもおすすめです。また、オーチャード・ゲートウェイの「セクツ・ショップ・バイ・デプレッション」や「スーパースペース」に行けば、普段着、最先端アイテム、流行のファッションなどが揃っています。お買い得品ねらいなら、スポーツウェアのメッカ「クイーンズウェイ・ショッピング・センター」へ。アウトレットで買い物をしたいときは、ナインウェストやビラボンなどのブランドが並ぶ 「IMMジュロン」に行きましょう。

3. ローカルフードに舌鼓

マックスウェル・フード・センターやニュートン・フード・センターなどの人気スポットはもう行ったことがあるはず。それなら、ぜひ、観光客の少ないホーカーセンターに行ってみましょう。ABCブリックワークス・マーケット&フード・センターオールド・エアポート・ロード・フード・センターアモイ・ストリート・フード・センタータンピニス・ラウンド・マーケット&フード・センターなどの下町の屋台村に行けば、ローストダック、チキンライス、魚の切り身スープ、大根餅炒めといった結構な料理を味わえます。

4. カフェシーンをチェック

撮影者 Afur Wong

盛り上がるシンガポールのカフェシーンに衰える兆しはありません。絶品のコーヒーや食事を楽しめるカフェは、「チェセンホァット・ハードウェア」、「シメントリー」、「メゾン・イッコク」など。もちろん、それだけではありません。ブギス地区やラベンダー地区には、紅茶専門店「ハイド&コー」、メルボルン風コーヒーハウス「ザ・ハンガー」、フランス風パティスリー「アントワネット」など、たくさんのカフェがあります。

5. 農場体験

都会のジャングルとして名をはせるシンガポールですが、郊外に農場がいくつかあると知っても驚かないでください。ボリウッド・べジーズリアン・ワー・ハン・クェイル・ファームジュロン・フロッグ・ファームは、農場見学に興味がある人にはおもしろいスポットです。もう一歩踏み込んで農場に滞在したいときのおすすめは、クランジ・ファーム・リゾート。リム・チュー・カンにある、広いヴィラ、スパサービス、エビ釣りなどのアクティビティが呼び物ののんびりした雰囲気のリゾートです。 

6. 新オープンのナショナル・ギャラリー・シンガポール、見学ツアー

撮影者 National Gallery Singapore

丸十年の改修を経て、2015年11月にナショナル・ギャラリー・シンガポールがオープンしました。東南アジアの現代アートを展示する世界最大の公共美術館です。建物には、旧最高裁判所とシティホールのシンガポールを象徴するナショナル・モニュメントが利用されています。10のギャラリーに展示されている8,000点超の芸術作品は圧巻もの。また、最高裁判所の広間やパダンアトリウムといった館内の麗しい空間も感嘆するばかりです。

7. 街中でアウトドアを

撮影者 Danny Santos

シンガポールには、自然の美しい観光地や屋外アトラクションがたくさんあります。イースト・コースト・パーク沿いをサイクリングして(その後はビーチでのんびり)過ごしたり、マクリッチ貯水池でハイキングをしたり、HSBCツリー・トップ・ウォークとして知られている全長250メートルの吊り橋を制覇したり。マンダイのマングローブを見に行ったり、ポンゴル・ウォーターウェイ・パーク沿いを散策したりするのもおすすめです。

8. ヘリテージ・トレイルに出発

クイーンズタウン周辺を見学するヘリテージ・トレイルや チャンギ博物館による第二次世界大戦トレイルなどに参加して、シンガポールの豊かな歴史を学びましょう。ヘリテージ・トレイルは、クイーンズタウンのドーソン地区やアレクサンドラ地区のあちこちをめぐる無料ガイドツアーで、各月最終土曜日に開催しています。(参加申し込みはこちら)。第二次世界大戦トレイルは、チャンギ地区周辺の代表的な戦争遺跡を大型バスで訪ねるガイドツアーです。

9. シンガポール生鮮市場めぐり

ティオン・バル(ティオン・バル・ウェット・マーケット)、チャイナタウン(チャイナタウン・コンプレックス)、リトル・インディア(テッカ・センター)など、各地区にある生鮮市場で、生鮮食品や冷凍肉、スパイス、乾物などを売る地元の店を探検しましょう。一番のおすすめは、各地区の中心部に出かけて、現地の人たちのリアルな姿を自分の目で実際に見ること。

10. アクティブに楽しむ

アクティブに楽しみたいなら、ポンポン跳べる屋内トランポリンパーク、AMPEDがおすすめです。それとも、カラン・ウェイブ・モールでロッククライミングを楽しむのはいかが?屋内施設なので、日焼けの心配は無用です。ウェイブ・ハウス・セントーサでは、波乗りしたり、サーフィンのレッスンを受けたりできます。エスケープ・ルーム・ファドでは、時間無制限でパズルに没頭できます。脳に利くこと請け合いの知的トレーニングです。

盛りだくさんの観光&体験で、リピーターも飽き知らず。きっと、シンガポールの違う一面に触れられるはず。