ネイサン にインタビュー

ネイサン
にインタビュー

シンガポール人歌手、役者

2016年、ネイサンは中国のリアリティタレント番組「シング!チャイナ」で2位に入賞。その時に大勢の音楽ファンの心をつかみました。そうはいっても、このカリスマ性のある歌手は音楽界の新人ではありません。デビューアルバムを発売したのは年端も行かぬ15歳の時。それ以来、シンガポールの音楽界で活躍してきました。

ソウルフルなボイス、社交的な人柄、気取らない魅力をもつネイサンは、シンガポール島中のステージでファンのハートをつかんでいます。エスプラネード - シアターズ・オン・ザ・ベイを会場に、モザイク・ミュージック・フェスティバルで行ったコンサートの最初の数回は完売でした。いまだ人気上昇中のスターは、その多才ぶりを発揮し始め、ミュージカルや俳優業にもチャレンジ。テレビ局HBOのダークファンタジースリラーシリーズ「ハーフワールズ」に出演しています。

音楽を通じて
人をつなぐ

「演奏したり、大がかりなギグをやっていたりする仲間に向き合えば、それが皆の水準を引き上げることになる」と、絆の固いシンガポールの音楽コミュニティについてネイサンは語ります。獅子の街シンガポールには演奏をする機会が無数にあり、地元出身のミュージシャンを応援するファンも増えている――そうした状況が、この若きスターを、音楽を通して人とつながりを保とうという気持ちにさせているというわけです。「僕がデビューしたのは、国内アートシーンから出てくるアーティストなどたかが知れているというのが世間一般の考えだった頃。当時は傷つきました。でも、それを鵜呑みにしたことは一度もありません。今、シンガポールではローカルアーティストのショーは常に満員で、チャートの1位も飾っています」

ネイサン
活動スポット

ハジ・レーンでのジャムセッションから、シンガポール島随一のライブミュージックステージまで、ネイサンはすべてにおいて思いのままに活動しています。人と人とのつながりを生み出すネイサンを架け橋に、ハーモニー響くシンガポールを巡りませんか。

レーンに唄えば

レーンに唄えば

ハジ・レーンは、ネイサンお気に入りの地区の一つです。デビュー間もない頃、近くのブルージャズカフェでネイサンは定期的に歌っていました。そのステージで生まれるジャムセッションを、ネイサンは大切にしています――「ハジ・レーンの道端で演奏するバンドを見たことがあります。初対面の人たちが一緒に歌い、踊ろうとやって来るんです。」

地元生まれの才能を渇望するファンたち

地元生まれの才能を渇望するファンたち

「同じ街で暮らす人間の音楽やアートをオーディエンスが求める気持ちは、今まで以上に高まっています。これからがとても楽しみです」と、ネイサンは言っています。エスプラネードのモザイク・ミュージック・シリーズには、さまざまなジャンルの国内出身のミュージシャンが登場します。ネイサンの希望の証です。

仲間とのくつろぎ

仲間とのくつろぎ

ライブの合間に、ネイサンはホーランド・ビレッジで仲間や家族とのんびり過ごしています。「ホーランド・ビレッジは僕にとって特別な場所――以前は、仲間たちと過ごしたり、食事をしたりしにいっていたものです。」 ライブミュージックバー「ワラワラ」に行くなら、ローカルバンドがステージを揺るがす夜をおすすめします。

ニューフェース発掘

ニューフェース発掘

ミュージシャン仲間の忠実なサポーターとして、ネイサンはシンガポール全土で毎年開催されている多数の国内ミュージック・フェスティバルに参加しています。「*スケープ・インベーション・ツアー、シャイン・フェスティバル、セント・ジェローム・レーンウェイ・フェスティバルは、どれも国内(+海外インディーズ)の音楽を支持する最高のフェスです。」